スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ETCとは?

001041.jpg
車のテレビCMでも「今ならETCまで付いてこの価格!」などと聞かれ、今では高速道路を使う使わないに関係なくETCという言葉を耳にするようになってきました。

ETCが出始めた頃はETC専用ゲートが設けられているインターチェンジがまだ今より少なく、本当に普及していくのだろうか、という声も一部ではあったようですが、今や高速道路を利用する人の間では大変有効利用されています。


そもそもETCとはどんな仕組みなのでしょうか?
簡単に言うと、有料道路での料金自動支払いシステムのことです。

有料道路の料金所ゲートに設置されたアンテナと、車に搭載したETC車載器のアンテナとの間で無線通信を行ない、自動的に料金の精算を行なうシステムです。

通行料は、後日、登録してある口座からの引き落としとなります。


このシステムにより、料金所で一旦停止し、窓を開けて料金を支払うという手間がなくなり、料金所をノンストップで通行することができます。

渋滞緩和にもつながり、またアクセルとブレーキの操作がそれだけ省かれますので、環境のためにもなると言えます。

000600 (1)
ETC利用のメリットは渋滞知らず、というだけでなく、有料道路を利用する際のさまざまな割引が受けられたり、マイレージサービスというポイントサービスも利用できます。

マイレージサービスは、ETCを搭載しているだけではポイントは貯まらず、サービスに申し込む必要があります。

申し込みには料金はかかりませんし、マイレージカードが発行されるわけでもありません。

自分が今使っているETCカード(あるいはこれから使おうと申し込んだETCカード)に対してマイレージIDが発行され、それがいわばマイレージカードのような役目も果たします。


高速道路のインターでの渋滞を少しでも早くすり抜けるため、また通行料をお得に支払いたい人にはETCはぜひおすすめしたいシステムです。

ETCバイクでも

高速道路を走るのは、四輪車だけではありません。
ETCという便利なものが開発され、その恩恵を四輪車だけが受けていた頃、バイクで高速道路を頻繁に使う人からもETCを使いたいという強い要望が多数寄せられていたそうです。
そんな中、バイク専用のETC車載器が開発・発売され、バイクでもETCを使って高速道路を走れるようになりました。
これによってバイクでもETCレーンをノンストップで通過できるようになったのです。
さて、バイクでETCを利用する際にも四輪車と同じようにETCカードの申し込みや車載器の購入、セットアップが必要となります。
導入方法や使用方法は四輪車の場合と同じなのですが、気をつけなければいけないのが車載器についてです。
四輪車用の車載器は室内に設置されることが前提となって作られているため、バイクに設置して使うことができません。
必ず二輪車専用のETC車載器を購入してください。
二輪車専用のETC車載器は、個人で取り付けることは大変難しいため、取り付け無しで車載器販売のみを行なっている取扱店はないようです。
既に四輪車でETCを使っている人は、そのETCカードでそのままバイクのETCを使うことができます。
ETCマイレージサービスを利用しているなら、同じETCカードを使えば四輪車で走った分もバイクで走った分もポイントとして付与されます。
バイクにETCをつけるために新たにETCカードを作った人なら、すぐマイレージサービスに申し込むことをおすすめします。
航空会社のマイレージカード会員とは異なり、ETCマイレージでは飛行機を利用して貯めたマイレージと合算することはできず、有料道路のETC無線走行でのみポイントが貯まって行きます。
マイレージという言葉がいろいろなところで聞かれるため混同してしまいそうですが、自動車、バイクにおけるETCマイレージは他のさまざまなマイレージサービスとはまったく種類が違うということを覚えておいてください。
ETCマイレージサービスではマイレージカードは発行されず、ETCカードに対してマイレージIDが発行されます。
四輪車でも二輪車でも、お得に高速道路を走りたい気持ちは同じですよね。
上手にさまざまな割引制度やポイントサービスなどを利用して、ガソリン代高騰のこの時代を乗り切りましょう!
スポンサードリンク
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。