スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

スポンサーサイト

ETC利用車両は、高速道路料金が1000円に!

001112.jpg
2008年10月末、急速に減速する景気に対応して政府は、高速道路料金に関して次の施策を発表しました。

1.ETC利用車に限り高速道路料金の大幅値下げる。
2.対象地域は東京、大阪の大都市圏を除く地方圏。
3.対象期間は、2年間限り。
4.料金は、休日(土日祝日)は上限1000円で乗り放題、平日は3割引き

2009年1月16日、高速道路各社は高速道路料金に関する具体案を発表。


1.普通車以下を対象に、休日(土日祝日)に地方で距離にかかわらず上限料金を1000円とする。
2.首都高速道路、阪神高速道路は休日に700円区間を500円に引き下げ(首都高の土曜は除く)。
3.本州四国連絡高速道路の料金は、1000円に引き下げ。
4.東京湾アクアラインも1000円。
5.平日も地方で全車種を対象に割引率を3割以上とする。
6.期間は10年度までの2年間。


以上は、第2次補正予算成立後に実施する予定です。

これらの政策が実現すると、ETCさえ導入すれば高速道路、有料道路のほとんどが値引きされます。

具体例をあげると、

1)休日に都内から首都高を経由して山形蔵王インターチェンジ(IC)まで:8,350円→2.200円
2)休日に神戸北ICから大分湯布院ICまで:13,800円→1,000円


ETCの普及についてはいまひとつだったところがありますが、これらの施策実施により
車両のETC搭載率が急激に増えるものと思われます。
スポンサードリンク
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。