スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

航空マイルの貯め方

マイレージカードを持っている人はどれくらいいますか? と言っても、出張でよく飛行機に乗るとか、毎年帰省で必ず飛行機を利用する、という人でない限り、フライトだけで有効なマイレージを貯めることはなかなか難しいでしょう。
マイレージを貯めて特典航空券と交換するためには、フライト以外の買い物や提携ホテルでの宿泊などでも効率的にポイントを貯めていく必要があります。
航空会社のクレジットカードを持っていなくても、マイレージカードの会員であれば、様々なサービスを使ってマイレージを貯めることもできます。
例えば提携ホテルで支払いをする際にマイレージカードを提示する、などです。
また買い物やレストランでの支払い、携帯電話料金の引き落としなどをクレジットカード決済にしている場合、クレジットカードに貯まったポイントをマイレージに移行できるサービスもあります。
しかしすべてのクレジット会社においてマイレージへの移行ができるわけではないので、確認が必要です。
ここで気をつけたいのが、自動車のETC利用によるマイレージサービスと混同してはいけないことです。
ETCマイレージサービスでも高速道路利用額によってポイントが貯まり、以後の高速道路通行料として還元されます。
同じマイレージという呼び方をしていますが、高速道路をいくらETCで走っても、航空マイルは貯まりません。
しかし、有料道路をよく使う人にとっては、ETCマイレージサービスはポイントが貯まりますのでお得なサービスと言えるでしょう。

ETC用のカードの種類

ガソリン代の高騰により、車でのお出かけに二の足を踏んでしまっている人も多いのではないでしょうか。
電車などは切符を購入することで移動にかかる費用が明らかにわかるのですが、車の場合はガソリンスタンドで給油した際にまとめて交通費が実感できる、といった感じですね。
車で高速道路を使って出かけることの多い人は、ETCを利用するとかなり有料道路の通行料を抑えることができます。
ガソリン代が高くなってきたので、せめて高速料金など抑えられるところは抑えたいですよね。
高速道路を使う機会が多い人の間では、ETCも普及率が高くなっています。
使ってみると、時間帯割引やマイレージサービスなど、結構お得なサービスがあって便利ですよ。
ETCを使うために必要なETCカードはクレジット会社が発行手続きを行ないます。
ETCカードには、有料道路をETC走行した分の支払いのみに利用する「ETC専用カード」と、クレジット機能とETCカード機能が一緒になった「ETCクレジット一体型カード」があります。
どちらのカードも有料道路走行時にETC車載器に挿入して使います。
ETC専用カードはクレジットカードとして使うことができず、有料道路をETC走行する機会が多い人が持つことが多いようです。
ちなみにETCマイレージサービスという、ETC利用走行時に通行料の額によってポイントが貯まるお得なサービスがありますが、これはETC専用カード、ETCクレジット一体型カードのどちらを持っていても利用できるサービスです。
マイレージサービスを利用するには、このサービスに申し込む必要があります。
ETCカードを持っているだけでは、いくら有料道路をETC走行してもマイレージポイントは貯まりません。
また、航空会社のマイレージサービスにはマイレージカードというものが発行されますが、ETCマイレージサービスでは、申し込んでもマイレージカードが発行されるわけではありません。
現在持っているETCカードに対し、マイレージIDが発行され、そこにポイントが貯まっていく仕組みです。

ETCの利用方法について

世の中のさまざまな技術の発展には目を見張るものがあり、人々の暮らしの利便性を高めてくれるものや自然環境を保護するためのものが次々と開発されています。
何でもそうですが、まだ新しいシステムが始動したばかりの頃や新商品が発売されたばかりの頃は、それらが一体どのように生活に関わってくるのかなどわからないことが多々あり、興味はあるけど様子を見よう、と言う人も多いと思います。
自動車の有料道路料金自動支払いシステムのETCも、その中のひとつではないでしょうか。
始めは「なんでも高速の料金所をノンストップで通れるらしい」と、普段から高速のインターでの渋滞にイライラしていた人には大変魅力的に見えたことと思います。
しかし、今でこそETCも普及してきましたが、当時はどうやって高速料金が計算されるのだろう、支払いはどうするのだろう、とわからないことも多かったのです。
ここでETCを利用するために何が必要なのか、簡単にお話したいと思います。
まず、有料道路でETCを使うには、ETCカードとETC車載器が必要になります。
ETCカードはカード会社へ申し込み、発行してもらいます。
カーディーラーなどでも手続きしてもらえます。
ETC車載器は車に搭載して中にETCカードを挿入して使用する機械で、カー用品店やカーディーラー、インターネットでも販売されています。
しかし実際には、ETCカードとETC車載器を用意するだけではまだETCは使えません。
ETCを搭載する車の情報を車載器に登録する作業が必要なのです。
これをセットアップといい、カー用品店やディーラーで行なってもらいます。
セットアップが完了し、晴れてETCを利用して高速道路が走れるようになります。
ETCを利用するのなら、せっかくですからマイレージサービスにも申し込んでおきましょう。
このサービスの申し込みには持っているETCカードを登録することが必要で、改めてマイレージカードは発行されません。
ETCカードに対してマイレージIDが発行され、そこにポイントが貯まっていき、いわばETCカード兼マイレージカードといった感じになります。
このサービスは利用料がかかりませんし、有料道路を利用する機会が多ければかなりポイントが貯まって以降の高速代として還元できます。
ETCのシステムや割引を理解して、お得に賢く利用したいですね。

ETC車載器の種類

今は車を購入するとETC車載器が付いてきたり、カーディーラーのイベントなどの賞品でETC車載器がもらえたり(この例は多くないですが・・・)と、高速道路を頻繁に利用する人以外でもETCを持っている、という人は意外と多いと思います。
また、ETCにも時間帯割引やマイレージサービスなどさまざまなお得プランが出てきたため、自動車社会とあってかなり普及率も伸びてきているようです。
さて、みなさんは車を選ぶとき、何を重点的に比較して決めますか? 外見?機能?乗り心地?それとも価格? 車の種類はたくさんあり価格もぴんきりですが、いずれにしても決して安い買い物ではないので悩んで当然ですよね。
ETC車載器もいろいろなメーカーが発売していますが、これらは大きく3つの種類に分けられます。
まず2ピースタイプと呼ばれるもので、これはETCカード挿入部やETC情報の処理機能部分を含む本体部と、アンテナ部分が一体になっているタイプです。
ETC車載器本体と、ETCカードの二つで構成されるため、2ピースと呼ばれます。
これは価格が安く抑えられる反面、ダッシュボードの上に設置するため見た目や防犯の面ではややマイナスかもしれません。
次に3ピースタイプですが、これは本体からアンテナ部分を分離したタイプです。
アンテナ部分だけをダッシュボード上に載せ、本体は車内のどこでも自由に設置することができます。
(ただし、カードの出し入れに問題がなければ) 好きなところに取り付けられるというメリットの反面、価格が2ピースタイプに比べて割高になります。
その他には、始めから車に取り付けられているビルトインタイプがあります。
こちらはきれいに納まっているためデザイン的に優れています。
どのタイプの車載器がよいかは、それぞれのメリット、デメリットを比較検討した上で、お好みで選んでください。
またETCを利用する際は、ぜひマイレージサービスに申し込むことをお勧めします。
航空会社のマイレージカード会員とは異なりますが、乗った分だけマイレージが貯まり還元できる、という点では同じです。
ETCマイレージサービスに申し込む時には、ETCカードの登録が必要で、そのカードに対してマイレージIDが発行されます。
改めてマイレージカードが発行されるというわけではありませんが、インターネットでIDを入力してログインすることで、現在のポイント状況や還元手続きなども行なえます。
このサービスを利用するのは、もちろん無料です。

ETCカードの年会費

高速道路を走っていると、サービスエリアからETC利用者のみ降りられる出口があったり、インターチェンジのETCゲートから通過する車が多かったりと、ETCが普及してきたことが伺えます。
ETCを利用することで受けられるサービスもいろいろなものがあり、かなりお得に有料道路を走ることができるようになっています。
またマイレージサービスといって、有料道路をETC走行した分のポイントがたまって通行料として還元できるサービスもあります。
現在はカード社会、ポイント社会となってきているようですが、車の世界でもカードやポイント制度が取り入れられてきたのですね。
ところでこのETCカードですが、これから作ろうという人にはどこのカードがよいのか悩むところですよね。
ETCカードは各クレジット会社が発行するカードで、クレジットカードに付随するものです。
クレジットカードに年会費無料や初年度のみ無料などがあるように、ETCカードも無料のものから有料のものまであります。
親カードをどこのカードにするかで、ETCカードの年会費も変わってきます。
ETCカードの年会費が無料だからといって、有料のカードの場合と受けられるサービスが異なるわけではなく、ETCはもちろん使えますし時間帯割引などの各種割引も受けられます。
マイレージサービスでのポイントのたまり方も同じです。
親カードを決める際に自分の生活スタイルを考えて、もっとも利用価値があると思うカード会社で作るとよいと思います。
ちなみにETCのマイレージサービスでは、改めてマイレージカードが発行されるわけではありません。
自分が今持っているETCカードにマイレージIDが発行され、高速をETC無線通行する度にそこにポイントがたまっていきます。
ETCカードがマイレージカードとしての役割も果たすわけです。
スポンサードリンク
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。