スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ETC割引の重複

ETCを利用しているみなさん、ETCマイレージサービスへの申し込みは済んでいますか? 航空会社のマイレージカードという言葉は聞き慣れていても、「ETCでマイレージ?」と、よくわからないからとサービスを利用せずに走っていてはもったいないですよ。
簡単に言うと、ETC走行した分だけポイントが貯まり、貯まったポイントに応じて無料走行分として還元できるサービスです。
これはETCカードを作っただけではポイントが付かず、わざわざ自分で申し込む手間はかかりますが、マイレージカードが改めて発行されるわけではないのでカード管理の煩わしさなどはありません。
ポイントを還元するのも、自動還元という設定にしておけば、ちょくちょくポイント貯金を確認する手間も省けます。
ETCでは、このようなポイントサービスを利用することでお得に高速道路を走れるわけですが、もっとわかりやすいものにETC時間帯割引というものがありますね。
ご存知の方も多いと思いますが、通勤時間帯や深夜時間帯において高速道路をETC走行した場合に条件が合えば料金が割引されるシステムです。
ちょっと出発時間をずらしたり、その割引を使えるように移動スケジュールを組むことで、高速代がかなり節約できるのでぜひとも利用したい制度です。
ここでちょっとした疑問がわいてきます。
例えば、通勤時間帯に入口を通過し、途中サービスエリアなどで休憩を挟んで深夜時間帯に出口を通過した(100キロ以内の走行で)場合、割引はどうなるのか、ということです。
このように各種の割引が重複する場合は、もっとも割引率の高いものが適用されるそうです。
つまり上の例だと、通勤割引の5割引と深夜割引の3割引が重複するため、割引率の高い通勤割引が適用されて高速代は5割引となるわけです。
スポンサードリンク
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。