スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ETCマイレージサービス利用時の注意点

ETCマイレージサービスとは、高速道路をETC無線走行した場合にその利用額に応じてポイントを付け、ポイントの累積数に応じて無料通行分として還元するサービスです。
ETCには時間帯割引など自動的に適用されるサービスがありますが、マイレージサービスに関してはインターネットか郵送で事前に申し込みが必要です。
マイレージサービスへの申し込みには料金はかかりませんし、マイレージカードが発行されるわけではないのでカード管理の煩わしさもありません。
走った分だけポイントが貯まり、無料通行分に還元できるので、ETCを利用するのであればぜひ申し込んでおきたいサービスです。
ETCマイレージサービスを利用するにあたって、いくつか気をつけておきたいことがあります。
まずポイントの有効期限は最大2年です。
最大、というのは、最初にポイントが付いた年度の翌年度末まで、ということです。
貯めたポイントが還元単位に達していない場合や、還元申し込みをし忘れて有効期限が過ぎてしまった場合は、それまでに貯めてきたポイントが失効してしまいます。
有効期限のチェックをお忘れなく、また自動還元できる設定もあるので、そちらを利用するとよいと思います。
またポイントは、道路会社ごとに合算できる場合と出来ない場合があります。
複数枚のカードのポイントを合算することもできません。
航空会社のマイレージカードを持っている場合、同じマイレージという言葉を使うため紛らわしいのですが、飛行機と自動車のマイレージはまったく別なので、これも合算や移行はできません。
ポイントは高速道路を走った直後に付くのではなく、走行日の翌月20日に付与されます。
マイレージサービスでは、例えばポイントの有効期限切れのようにもったいないことはあるかもしれませんが、入って損をすることは何もありません。
ぜひ上手にこのサービスを利用して、高速代を節約しましょう。
スポンサードリンク
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。