スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ETCの利用方法について

世の中のさまざまな技術の発展には目を見張るものがあり、人々の暮らしの利便性を高めてくれるものや自然環境を保護するためのものが次々と開発されています。
何でもそうですが、まだ新しいシステムが始動したばかりの頃や新商品が発売されたばかりの頃は、それらが一体どのように生活に関わってくるのかなどわからないことが多々あり、興味はあるけど様子を見よう、と言う人も多いと思います。
自動車の有料道路料金自動支払いシステムのETCも、その中のひとつではないでしょうか。
始めは「なんでも高速の料金所をノンストップで通れるらしい」と、普段から高速のインターでの渋滞にイライラしていた人には大変魅力的に見えたことと思います。
しかし、今でこそETCも普及してきましたが、当時はどうやって高速料金が計算されるのだろう、支払いはどうするのだろう、とわからないことも多かったのです。
ここでETCを利用するために何が必要なのか、簡単にお話したいと思います。
まず、有料道路でETCを使うには、ETCカードとETC車載器が必要になります。
ETCカードはカード会社へ申し込み、発行してもらいます。
カーディーラーなどでも手続きしてもらえます。
ETC車載器は車に搭載して中にETCカードを挿入して使用する機械で、カー用品店やカーディーラー、インターネットでも販売されています。
しかし実際には、ETCカードとETC車載器を用意するだけではまだETCは使えません。
ETCを搭載する車の情報を車載器に登録する作業が必要なのです。
これをセットアップといい、カー用品店やディーラーで行なってもらいます。
セットアップが完了し、晴れてETCを利用して高速道路が走れるようになります。
ETCを利用するのなら、せっかくですからマイレージサービスにも申し込んでおきましょう。
このサービスの申し込みには持っているETCカードを登録することが必要で、改めてマイレージカードは発行されません。
ETCカードに対してマイレージIDが発行され、そこにポイントが貯まっていき、いわばETCカード兼マイレージカードといった感じになります。
このサービスは利用料がかかりませんし、有料道路を利用する機会が多ければかなりポイントが貯まって以降の高速代として還元できます。
ETCのシステムや割引を理解して、お得に賢く利用したいですね。
スポンサードリンク
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。