スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ETCカードの年会費

高速道路を走っていると、サービスエリアからETC利用者のみ降りられる出口があったり、インターチェンジのETCゲートから通過する車が多かったりと、ETCが普及してきたことが伺えます。
ETCを利用することで受けられるサービスもいろいろなものがあり、かなりお得に有料道路を走ることができるようになっています。
またマイレージサービスといって、有料道路をETC走行した分のポイントがたまって通行料として還元できるサービスもあります。
現在はカード社会、ポイント社会となってきているようですが、車の世界でもカードやポイント制度が取り入れられてきたのですね。
ところでこのETCカードですが、これから作ろうという人にはどこのカードがよいのか悩むところですよね。
ETCカードは各クレジット会社が発行するカードで、クレジットカードに付随するものです。
クレジットカードに年会費無料や初年度のみ無料などがあるように、ETCカードも無料のものから有料のものまであります。
親カードをどこのカードにするかで、ETCカードの年会費も変わってきます。
ETCカードの年会費が無料だからといって、有料のカードの場合と受けられるサービスが異なるわけではなく、ETCはもちろん使えますし時間帯割引などの各種割引も受けられます。
マイレージサービスでのポイントのたまり方も同じです。
親カードを決める際に自分の生活スタイルを考えて、もっとも利用価値があると思うカード会社で作るとよいと思います。
ちなみにETCのマイレージサービスでは、改めてマイレージカードが発行されるわけではありません。
自分が今持っているETCカードにマイレージIDが発行され、高速をETC無線通行する度にそこにポイントがたまっていきます。
ETCカードがマイレージカードとしての役割も果たすわけです。
スポンサードリンク
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。