スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ETCカードの盗難に遭ったら

ETCカードを車載器の中に残したまま車のエンジンを切ったとき「カードが残っています」「カードが挿入されています」など、車載器から注意を受けることがあります。
たとえば高速道路をETC走行していてちょっとサービスエリアで休憩しよう、という時には、わざわざETCカードを抜かない人も多いと思います。
逆にサービスエリアで抜いてしまって、再び走り出すときにカードを入れ忘れてETCゲートが開かなかった、という失敗をした話もよく聞きます。
でも防犯の面から考えると、やはり車を離れるときはその都度カードを抜いて持って行くほうが望ましいでしょう。
ETCカードは、あらかじめ使える車が限られていれば盗まれても使われずに済むのですが、今のところどの車の車載器でも使えるようになっています。
つまり、ETCを使って有料道路を走る際には、ETCカードは現金と同じと考えられるのです。
あってはならないことですが、万が一、ETCカードの盗難に遭った場合、あるいは紛失してしまった場合は、まずクレジット会社に連絡してカードの使用停止の処置をしてもらってください。
必要に応じて、警察への被害届けも提出しましょう。
もしETCマイレージサービスに申し込んでいた場合は、こちらの利用停止手続きも行なってください。
新しいETCカードを再発行して、カード番号が変わったときは、マイレージサービスの登録カード変更手続きを行なうことで、自動的に利用停止は解除されるようになっています。
ETCマイレージサービスでは、サービス利用にともなって新たにマイレージカードが発行されるわけではなく、ETCカードにマイレージIDが発行されます。
カード会社によってはETCカードに「ETCマイレージカード」と名称を付けているところもありますが、マイレージサービスは、自分で申し込まないとETCカードを持っているだけでは使えないサービスです。
スポンサードリンク
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。