スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ETCマイレージサービスのポイント引継ぎ

飛行機に乗って旅行へ出かけたことのある人のうち、航空会社のマイレージカード会員になっている人はどのくらいいるのでしょうか。
マイルもある程度貯めないと還元できませんから、どうせ使える分まで貯まらないから、とか申し込み手続きが面倒だから、とマイレージカードを作らない人も多いかもしれません。
しかしクレジット機能のついていないマイレージカード(ポイントを貯めていくためだけのカード・会員証)なら、例えば紛失や盗難に遭っても損害は少ないので持っていても損はないと思います。
航空会社のマイレージカードと混同してわかりづらいものに、ETCマイレージサービスがあります。
ETCマイレージサービスは、ETCカードを登録してマイレージIDを発行してもらい、ETC走行分に応じてポイントが貯まるシステムで、飛行機のマイレージとは関係ありません。
飛行機のマイレージはショッピングなどで貯めたポイントを移行できたりするのですが、ETCマイレージの場合は、有料道路のETC走行でのみポイントが加算されていきます。
そのため、高速道路をよく使う人ならぜひとも早いうちに申し込んでおきたいサービスになります。
同じ料金を支払って走るなら、後に還元できるポイントを付けてもらえる方が断然お得です。
このサービスはETC利用によって自動的にポイントがつくものではなく、わざわざ申し込みしなければ、いくらETC走行してもポイントはつきません。
また、何かの都合でクレジット会社を変更したり、カードを紛失したりしてETCカードが変更になった場合は、マイレージサービスに登録してあるカード番号変更手続きをとらないと、今まで貯めたポイントや無料走行分が使えなくなってしまいます。
ETCマイレージは有料道路走行でしかポイントが貯められないため、今まで走った分のポイントを無駄にするのはもったいないですよね。
きちんとした手続きをとれば、ポイントは引き継がれますので、カードを変更したときには忘れず早めに手続きを行なってください。
ちなみに変更手続きには10日間ほどかかり、変更完了する前に新しいカードで走った分のポイントはさかのぼって付けることができないので注意してください。
スポンサードリンク
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。