スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ETCカードについて

今の時代、何をするにでもクレジットカードを利用することが増えてきて、買い物に使わなくても何かの必要に迫られてカードを作った人もいるのではないでしょうか。
例えばスポーツクラブの会費引き落としのためやETCを利用するため、などです。
クレジットカードは失くすのがこわいから持ちたくない、と思っている人も仕方なしにカードを作り、結局金庫にしまったまま、ということもあるようです。
自動車で有料道路をよく使う人にとって大変便利なETCですが、このETCを利用するのにもクレジット会社の発行するETCカードが必要になります。
ETCカードには、ETCで有料道路を無線通行したときの料金支払いにのみ使うETC専用カードと、それにクレジット機能も兼ね備えたETCクレジット一体型カードがあります。
もちろんETC専用カードでは、ショッピングや携帯料金の支払いなどには使えません。
ここで勘違いされやすいのが、「クレジットカードを持つのはこわいから、私はETC専用カードを作ろう」という人がいることです。
ETC専用カードといっても、親カードとなるクレジットカードが必要になるので、結局はクレジットカードとETC専用カードの2枚を持つことになるのです。
確かに、ETC専用カードを作れば、親カードとなるクレジットカードは普段金庫にしまっておいて、持ち歩くのはETC利用精算にのみ使えるETC専用カードだけでよいので、例えば紛失したり盗難に遭ってしまった場合の損害を最小限に抑えられるでしょう。
結局、ETC専用カードでもETCクレジット一体型カードでも、クレジットカードを持つことに変わりはなく、カードの管理にも注意を払わなくてはいけません。
ちなみにETCにおいてはマイレージカードというカードはなく、マイレージサービスに申し込むことによってETCカードにポイントが貯まっていきます。
クレジット会社によってはETCカードにマイレージカードという名称をつけているところもあるようですが、ETCマイレージサービスは自分でETCカード番号などを登録しないと利用できないサービスになっています。
スポンサードリンク
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。