スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ETCとは?

001041.jpg
車のテレビCMでも「今ならETCまで付いてこの価格!」などと聞かれ、今では高速道路を使う使わないに関係なくETCという言葉を耳にするようになってきました。

ETCが出始めた頃はETC専用ゲートが設けられているインターチェンジがまだ今より少なく、本当に普及していくのだろうか、という声も一部ではあったようですが、今や高速道路を利用する人の間では大変有効利用されています。


そもそもETCとはどんな仕組みなのでしょうか?
簡単に言うと、有料道路での料金自動支払いシステムのことです。

有料道路の料金所ゲートに設置されたアンテナと、車に搭載したETC車載器のアンテナとの間で無線通信を行ない、自動的に料金の精算を行なうシステムです。

通行料は、後日、登録してある口座からの引き落としとなります。


このシステムにより、料金所で一旦停止し、窓を開けて料金を支払うという手間がなくなり、料金所をノンストップで通行することができます。

渋滞緩和にもつながり、またアクセルとブレーキの操作がそれだけ省かれますので、環境のためにもなると言えます。

000600 (1)
ETC利用のメリットは渋滞知らず、というだけでなく、有料道路を利用する際のさまざまな割引が受けられたり、マイレージサービスというポイントサービスも利用できます。

マイレージサービスは、ETCを搭載しているだけではポイントは貯まらず、サービスに申し込む必要があります。

申し込みには料金はかかりませんし、マイレージカードが発行されるわけでもありません。

自分が今使っているETCカード(あるいはこれから使おうと申し込んだETCカード)に対してマイレージIDが発行され、それがいわばマイレージカードのような役目も果たします。


高速道路のインターでの渋滞を少しでも早くすり抜けるため、また通行料をお得に支払いたい人にはETCはぜひおすすめしたいシステムです。

スポンサーサイト
スポンサードリンク
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。