スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ETC利用車両は、高速道路料金が1000円に!

001112.jpg
2008年10月末、急速に減速する景気に対応して政府は、高速道路料金に関して次の施策を発表しました。

1.ETC利用車に限り高速道路料金の大幅値下げる。
2.対象地域は東京、大阪の大都市圏を除く地方圏。
3.対象期間は、2年間限り。
4.料金は、休日(土日祝日)は上限1000円で乗り放題、平日は3割引き

2009年1月16日、高速道路各社は高速道路料金に関する具体案を発表。


1.普通車以下を対象に、休日(土日祝日)に地方で距離にかかわらず上限料金を1000円とする。
2.首都高速道路、阪神高速道路は休日に700円区間を500円に引き下げ(首都高の土曜は除く)。
3.本州四国連絡高速道路の料金は、1000円に引き下げ。
4.東京湾アクアラインも1000円。
5.平日も地方で全車種を対象に割引率を3割以上とする。
6.期間は10年度までの2年間。


以上は、第2次補正予算成立後に実施する予定です。

これらの政策が実現すると、ETCさえ導入すれば高速道路、有料道路のほとんどが値引きされます。

具体例をあげると、

1)休日に都内から首都高を経由して山形蔵王インターチェンジ(IC)まで:8,350円→2.200円
2)休日に神戸北ICから大分湯布院ICまで:13,800円→1,000円


ETCの普及についてはいまひとつだったところがありますが、これらの施策実施により
車両のETC搭載率が急激に増えるものと思われます。
スポンサーサイト

ETCとは?

001041.jpg
車のテレビCMでも「今ならETCまで付いてこの価格!」などと聞かれ、今では高速道路を使う使わないに関係なくETCという言葉を耳にするようになってきました。

ETCが出始めた頃はETC専用ゲートが設けられているインターチェンジがまだ今より少なく、本当に普及していくのだろうか、という声も一部ではあったようですが、今や高速道路を利用する人の間では大変有効利用されています。


そもそもETCとはどんな仕組みなのでしょうか?
簡単に言うと、有料道路での料金自動支払いシステムのことです。

有料道路の料金所ゲートに設置されたアンテナと、車に搭載したETC車載器のアンテナとの間で無線通信を行ない、自動的に料金の精算を行なうシステムです。

通行料は、後日、登録してある口座からの引き落としとなります。


このシステムにより、料金所で一旦停止し、窓を開けて料金を支払うという手間がなくなり、料金所をノンストップで通行することができます。

渋滞緩和にもつながり、またアクセルとブレーキの操作がそれだけ省かれますので、環境のためにもなると言えます。

000600 (1)
ETC利用のメリットは渋滞知らず、というだけでなく、有料道路を利用する際のさまざまな割引が受けられたり、マイレージサービスというポイントサービスも利用できます。

マイレージサービスは、ETCを搭載しているだけではポイントは貯まらず、サービスに申し込む必要があります。

申し込みには料金はかかりませんし、マイレージカードが発行されるわけでもありません。

自分が今使っているETCカード(あるいはこれから使おうと申し込んだETCカード)に対してマイレージIDが発行され、それがいわばマイレージカードのような役目も果たします。


高速道路のインターでの渋滞を少しでも早くすり抜けるため、また通行料をお得に支払いたい人にはETCはぜひおすすめしたいシステムです。

ETCバイクでも

高速道路を走るのは、四輪車だけではありません。
ETCという便利なものが開発され、その恩恵を四輪車だけが受けていた頃、バイクで高速道路を頻繁に使う人からもETCを使いたいという強い要望が多数寄せられていたそうです。
そんな中、バイク専用のETC車載器が開発・発売され、バイクでもETCを使って高速道路を走れるようになりました。
これによってバイクでもETCレーンをノンストップで通過できるようになったのです。
さて、バイクでETCを利用する際にも四輪車と同じようにETCカードの申し込みや車載器の購入、セットアップが必要となります。
導入方法や使用方法は四輪車の場合と同じなのですが、気をつけなければいけないのが車載器についてです。
四輪車用の車載器は室内に設置されることが前提となって作られているため、バイクに設置して使うことができません。
必ず二輪車専用のETC車載器を購入してください。
二輪車専用のETC車載器は、個人で取り付けることは大変難しいため、取り付け無しで車載器販売のみを行なっている取扱店はないようです。
既に四輪車でETCを使っている人は、そのETCカードでそのままバイクのETCを使うことができます。
ETCマイレージサービスを利用しているなら、同じETCカードを使えば四輪車で走った分もバイクで走った分もポイントとして付与されます。
バイクにETCをつけるために新たにETCカードを作った人なら、すぐマイレージサービスに申し込むことをおすすめします。
航空会社のマイレージカード会員とは異なり、ETCマイレージでは飛行機を利用して貯めたマイレージと合算することはできず、有料道路のETC無線走行でのみポイントが貯まって行きます。
マイレージという言葉がいろいろなところで聞かれるため混同してしまいそうですが、自動車、バイクにおけるETCマイレージは他のさまざまなマイレージサービスとはまったく種類が違うということを覚えておいてください。
ETCマイレージサービスではマイレージカードは発行されず、ETCカードに対してマイレージIDが発行されます。
四輪車でも二輪車でも、お得に高速道路を走りたい気持ちは同じですよね。
上手にさまざまな割引制度やポイントサービスなどを利用して、ガソリン代高騰のこの時代を乗り切りましょう!

ETCマイレージと航空会社のマイレージとの違い

今やカード社会といわれるほど、たくさんのクレジットカードやポイントカードなどが普及しています。
鉄道などの交通機関を利用するときも切符ではなくカードで改札をくぐったり、自動車を使う人では高速道路もカード支払いやETCカードなどで通行できるようになっています。
現金を扱うことがないため、煩わしさがなく、また多くのカードにはポイントなどの特典がついていたりして、ますますカード利用が便利になってきています。
人によってよく利用する移動手段は異なりますが、飛行機によく乗る機会があれば、各航空会社のマイレージカードを持つと乗るたびにマイルがたまってお得になります。
自動車で高速道路を走る機会が多いのであれば、ETC車載器を購入してさらにマイレージサービスに申し込むことによって、高速道路利用額に応じてマイレージがたまり、以後の高速利用料として還元できます。
まだ「マイレージ」と聞くと航空会社が発行するマイレージカードのイメージが大きいかもしれませんね。
しかし飛行機利用と高速道路利用、それぞれでたまるマイレージとは、まったく別のものです。
航空会社では、飛行機利用のほかに買い物や提携施設利用などによってもマイルがたまり、航空券や商品、各種サービスなどに交換することができます。
これに対し、高速道路利用によるマイレージは、高速道路をETCで無線通行した時の金額によってポイントがたまるもので、同じカードで買い物をしたからと言ってマイレージがたまるものではありません。
飛行機も自動車も同じ「マイレージ」という言葉を使っているので、ちょっと仕組みがわかりにくいかもしれませんね。
いっそのこと、自動車の場合は「キロメートルサービス」という名称にしたら、もっとわかりやすいのかも・・・ ちなみにETCを使って高速道路を利用したときに使えるマイレージサービスでは、サービスに申し込むとマイレージIDが発行されますが、マイレージカードというものは発行されません。
サービス申し込み時に登録したETCカードに対してポイントがたまっていく仕組みです。

お得なETCカードって?

多くの人がクレジットカードを持つ時代となり、カードがひとつの身分証明のようになっています。
ETCの普及により、今まで「クレジットカードは怖くて持てない」と思っていたにも関わらず、クレジットカードを持つことになってしまった人もいるのではないでしょうか。
ETCカードは、多くはクレジットカードに付随するものになっています。
クレジットカードが親カードだとすると、ETCカードはその子カードになるわけです。
よくクレジットカードを作るときには、年会費や特典を比べて、自分の生活スタイルの中でお得に使えるものを選びますよね。
ETCカードについても「どこのETCカードがお得かな?」と悩む人もいるようです。
しかし、結論から言うと、ETCカードに関してはどこのカード会社のものでも特典などは変わりません。
高速道路をETC走行する際の時間帯割引などは同じように利用できます。
マイレージサービスに申し込めば、どこのカード会社のETCカードであろうと、同じように通行料に応じてポイントはたまって行きます。
このサービスに申し込むとマイレージカードというカードが発行されるわけではなく、登録したETCカードに対し、マイレージIDが発行されます。
なので、今使っているETCカードがマイレージカードの役割も果たすわけです。
ここで、どこのETCカードがお得か、という話に戻りますが、親カードの年会費や特典で選ぶのがよいと思います。
ガソリンスタンド系のカードや、ビデオレンタル店のカードなど、今はほとんどのカードでETCカードの申し込みもできるので、自分がよく利用するところで作るのが、もっともお得でしょう。
ただし、給油やビデオレンタルなどでたまったポイントと、ETC利用でたまったマイレージとは別のものになります。
ETCマイレージは、ETCを使って高速道路を無線通行したときにのみたまるポイントで、高速道路の通行料としてのみ還元されます。
スポンサードリンク
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。